簡単ガイド サーバーとパソコンの仕組みを解説

個人のパソコンはセキュリティソフトをインストールする事が重点になっていますが企業・店ではサーバーを置く事です。

簡単ガイド サーバーとパソコンの仕組みを解説

パソコンは個人と企業・店のサーバーは違います

インターネットを利用するには個人ではプロバイダに毎月の通信料を支払っていますのでインターネットの利用できるのですがプロバイダは無料や有料のサービスを行っています。無料では公共のメールサービスをしていますので友人などと送受信が出来るようになっています。有料はセキュリティのためのウイルスソフトの提供を行っていますが購入は個人の判断に委ねられていますので他のセキュリティソフトを購入しても問題はありませんがプロバイダのセキュリティソフトの方が安価になっています。そのような事でセキュリティに重点を置いている事が判ります。パソコンを利用するには先ずセキュリティを採らなければならないという事です。その後、個人の利用の仕方で自由に使う事ができます。このセキュリティソフトの利用如何で今後のパソコン利用において岐路に立つという重要な事を秘めています。

企業や店は独自のホームページを作成する事から専用サーバーやレンタルサーバーを置いてシステムの管理者を常駐させています。不正侵入を監視しているのですが個人はセキュリティソフトをインストールしてパソコンの保護に当たっていますが企業は店はセキュリティソフトをインストールしますと利用者がアクセスする事が出来なくなりますので管理者が不正侵入を24時間監視を続けています。そのようにして個人と企業・店のサーバーは異なる事になっていますが個人でもサーバーでは管理者が不正侵入からの監視をしている事になりますので毎月の通信料込みになっていますので高く設定されていると考えます。

Copyright (C)2017簡単ガイド サーバーとパソコンの仕組みを解説.All rights reserved.