簡単ガイド サーバーとパソコンの仕組みを解説

会社のパソコンの中にサーバー用のものがあるのですが、そこにデーターが一元管理されているようです。

簡単ガイド サーバーとパソコンの仕組みを解説

会社のパソコンの中にサーバー用のものがあります。

私は会社で事務の仕事をしています。会社では販売管理ソフトを使っていますが、そのデーターは、すべてサーバーに保存されています。私はこのことにまったく気づいていませんでした。それぞれのパソコンにデーターが保存されていると思っていたのです。ところがそれぞれにパソコンで入力した記録は、いちいち場所を指定して保存しないのです。保存ボタンを押すと、勝手に保存されています。その保存場所がサーバーであることを知ったのはつい最近なのです。これは、電源が入りっぱなしになっています。1年中つけっぱなしになっているのです。しかもモニターはありません。本体のハードがあるだけです。これに各パソコンからアクセスして、記録が保存される仕組みになっているのです。

通常、販売管理ソフトを使うときは、まったく意識しないで使うので、そのようなからくりを理解していませんでした。ところがあるとき、モニターの数とパソコンのハードの数が一致しないことに気がついたのです。それで考えたら、サーバー用のハードが1台あるのだとわかったのです。なるほど、このような仕組みになっているかと感心しました。そういえば、どのPCから販売管理ソフトを使っても同じデーターを見ることが出来るのです。だから、どこかに一元的にデーターが保存されていることは、考えてみればすぐにわかることなのです。しかし、これが当然のこととなっていたので、考えもせず、気づくこともなかったのです。しかしあらためて考えると、すごく便利だなと思いました。

Copyright (C)2017簡単ガイド サーバーとパソコンの仕組みを解説.All rights reserved.