簡単ガイド サーバーとパソコンの仕組みを解説

パソコンの利用は個人や企業などでもしていますが利用によりプロバイダとシステム管理者のサーバーの2種類あります。

簡単ガイド サーバーとパソコンの仕組みを解説

通信するパソコンによりサーバーは異なります

個人が使用しているサーバーはサーバーとしてのプロバイダを通してインターネット通信をしている事からサーバーを知らない人は意外に多いと思います。個人でもホームページを作成して発信している人がいますが費用を支払っていることです。その理由に発信して応募者などを募集などのシステムを構築していることです。それに比べ無料でできるホームページ製作が過去にはありましたが管理者がいない事から作ったホームページを無意識に削除してしまうという事例を聞いたことがあります。

一般ではインターネット通信の環境さえあれば用を足すことが出来ますので管理者はプロバイダになっています。プロバイダを利用する事でメールアドレスの提供をしてくれますのでパソコン利用者は利用する事ができるようになっています。

企業など商業目的のあるホームページ制作は専門家と共同の制作になっています。そのページでは商品の購入のための費用の支払い方法などを構築する必要がありますのでシステム管理者が常駐しています。またシステムに不具合がありますと修正するなど仕事は多数あります。一般の個人のサーバーがプロバイダである場合はメールの送受信とセキュリティなどの管理をシステム管理者がしてくれています。その費用は利用如何に関係なく毎月、通信費用を支払っていますが解約をしない限り毎月の通信費用を取られることになります。そのような事で企業などは別途、ホームページを作成して客のニーズに応えているのです。

Copyright (C)2017簡単ガイド サーバーとパソコンの仕組みを解説.All rights reserved.